Fukushima Disaster & Tokyo Olympics

Disaster in Fukushima and 2020 Tokyo Olympics

By Former Ast. Prof. in Research Reactor Instute of Kyoto University

On February 11th 2011 a severe earthquake struck the Tōhoku region in Japan causing several Tsunami waves which hit the pacific coast of Fukushima, Miyagi, Iwate prefectures causing a power failure at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant.
As all scientists know, a total outage can lead to a potentially catastrophic incident.
According to their prediction, the cooling system failed and the nucleus core melted down; thus high levels of radiation was spread in the surrounding environment.
According to the report which Japanese government handed in to the International Atomic Energy Agency ( IAEA ),1.5×1016 Becquerel (equal to 168 times of cesium of Hiroshima nuclear bomb) was released by that accident.
The atomic bomb which was dropped in Hiroshima was just one bomb, and yet had extremely destructive force; the Japanese Government reported that Fukushima’s accident released Cesium137 in an amount equal to 168 times the Hiroshima atomic bombs.
The meltdown of cores of unit 1, unit 2 and unit 3 released 7 x 1017 Becquerel equal to 8000 times the quantity of cesium137 spread by the Hiroshima atomic device.
As a consequence radioactivity equal to 168 times of power of the Hiroshima bomb was released in the air and some was poured at sea making a total estimate of almost 1000 Hiroshima bombs radiation to be released in the environment till now.
With Units 1-2-3 containing, before the accident, 8000 times the cesium137 of the Hiroshima bomb , it is safe to believe that a large part of the radioactivity still remains in those damaged Reactors at the Fukushima Nuclear Power Plant.
Tepco ( the Tokyo Electric Power Company Holdings) which owns Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, do not know where the now melted cores exactly are at the moment and they still keep to pour huge amounts of water in the area in an effort to cool them off, as it is imperative to prevent the cores from melting further and reduce further radiationrelease.
The constant watering implies contamination of several hundred tons of water per day and the administration was forced to built over 1000 tanks inside the Plant to keep the contaminated water.
Today the total quantity of contaminated water in those tanks has already exceeded 1 million tons.
In the future , when the tanks clearance will be exceeded, the contaminated water will be poured at sea.
Although the best we could do is to move the melted cores to a safe sealed place, after 7years the administration is neither able to exactly locate the cores nor to determine their actual condition.
Nobody can get near the site to investigate.
Approaching a demaged Nuclear site means exposing any person entrusted with this task to high levels of radioactivity and most probably death.
The government and TEPCO tried to send a robot. The radioactivity is so strong that it interfered with the Robot’s IC tip’s memories making it useless.
Of all the robots they sent to the site, none has returned.
At the end of January 2017, TEPCO managed to insert a remote control camera, similar to a gastro scope, inside of the pedestal on which the reactor lies and found out that there the core is leaking through a big hole at the reactor’s very boAom.
On that occasion they were able to measure 20Sv radioactivity level per hour under the reactor when the maximum threshold for human beings is 8Sv. On the way to the reactor the radiation counter peaked at 539-650 Sv numerous times.
The place with the highest radioactivity levels is not inside the pedestal rather outside, between the pedestal’s wall and vessel’s wall.
After the accident TEPCO and the government speculated that most cores melted through the reactor and stopped inside pedestal, lying intact at the boAom of the containment vessel.
This would allow recovery of the cores in 30-40 years and storage in another vessels, thus allowing for declaration of full and complete seAlement of Fukushima’s disasters.
Contrary to their hypothesis the melted cores are not intact at all and are scaAering outside of the pedestal, making it impossible to be recovered as envisaged by the authority.
TEPCO and the government then have to change their “ Road Map”.
Myself, I used to insist that the reactors affected by the disaster be sealed by the use of a “sarcophagus” such as the one used by the former Soviet government following the Chernobyl’s disaster, although this is not the ultimate solution as covers do deteriorate and the situation must be monitored for potentially several hundreds to millions of years
The tragedy is still in progress in the area around the Fukushima Daiichi Nuclear Plant.
In the day of the disaster, the Japanese government declared the status of nuclear emergency. All residents were evacuated, starting with the residents in a range of 3km from the Nuclear Plant only to include straight afterwards an area between 10km to 20km.
Evacuated procedures were so quick that people were permiAed to bring only what was strictly necessary, leaving most personal belongings, their livestock and even their pets behind.
Iitate is one of the villages in Fukushima Prefecture, lying something 40-50km away from Fukushima Daiichi Nuclear Plant.
Its citizens were informed of the extreme contamination of their village 1month after the accident and were forced to immediately abandon their village.
At first they have been moved to termporary shelter, then to a small house with one small room for 2person.
In any event they have been isolated from their former community; families were forced to live separately and many could not cope with the situation and collapsed.
Their former life was destroyed and people, out of deep despair, never stop to take their lives.
The whole social structure of a community has been affected along with the concept of happiness in Japanese culture which does not differs from any other culture in the world:
What is happiness?
It implies a lot of simple, yet not granted things, such as living together with their families, friends, neighbors and lovers for the entire duration of their lives.
But in Fukushima their happiness came to an abrupt end as unexpectedly they lost everything they had.
Nuclear fall out affects another vast area around the evacuated zones. This is the so called “Radiation Control Area or RCA.”
A RCA is a restricted area where entrance is strictly prohibited except to authorized personnel, generally professionals and nuclear engineers.
No one is permiAed to drink, eat, sleep inside the area.
However the Japanese government, allows millions of residents to live in areas that have the same characteristics of the RCA without qualifying these areas as such, in contempt to the formerly applicable law.
The Japanese government justified this deviation from the applicable law on account of emergency conditions.
Such residents include infants and children who are forced to live in a place so contaminated as the RCA and are exposed to an adverse environment on a daily basis
Some families have decided to quit their job and leave Fukushima in order to protect their children from exposure; some others have decided to live separately where the man usually stays and continues to work in Fukushima and his wife with children moved out
Fukushima is a conservative social environment; people respect their traditions and are used to living there from generations to generation.
Such a separation will deeply affect the family structure as they lose their normal life.
They are left with only two painful options; whether they stick to their homes and traditions in a now contaminated country exposing themselves to the risk of damaging their health, or they leave and suffer from leaving the lives they once knew
This people have been living the hardest life ever for the past 7years and probably will, for many years to come.
To add insult to injury since March 2017 the government has started to relocate Fukushima refugees back to their home towns where radioactivity levels are below 20mSv par year; as a consequence any contribution for housing compensation is revoked.
Nowadays reconstruction represents priority one for the Fukushima municipality and people who do not have another choice but to live in Fukushima will probably follow suit with the wishes of the government and will seAle and forget that Fukushima still is a dangerous place instead of living their whole lives in fear and anxiousness.
They might even happen to forget radioactive contamina)on which, luckily or not, is invisible.
The government and local municipality let people to forget in anyway.
It is worth to mention that the Japanese government, after the accident, has reviews the legal limit of radiation exposure by raising it from the former 1mSv/y to 20. It must be said that 20mSv/y was once the set as limit only for experts or scientists who worked with nuclear radiation as I did and was never applied to regular civilians.
Especially infants and children who are more sensitive to radiation and who have no responsibility neither for corrupted politics nor for the Fukushima’s nuclear disaster.
The Japanese government keeps on saying that there not much they can do because nuclear emergency condition. It must be said, for the sake of truth, that there has been no official declaration for a nuclear emergency condicion on the side of the Government and, even if there were one, an emergency can last for a limited period of time, definitely not for over 7 and half years.
Apparently the government actively promotes oblivion about Fukushima disaster in cooperation with mass media which fail to report about the real contamination’s risk and the actual true situation at Fukushima.
Most Japaneses are not aware that Fukushima still is a Nuclear Emergency.
The most harmful element for the environment and health is cesium137; it takes 30years to reduce its quantity by half and after 100 years 10% of it still remains. It is enough to state that 100years from now Japan will still be under Nuclear Emergency Condition.
Olympic has always been used as propaganda to promote people’s Nationalism.
Building many huge structures without any prospect of use after the Olympics , is just an appetite for business for construction companies who make huge profit.
I think the Japanese government has to make a huge effort and do its best to solve Fukushima Nuclear Emergency Condition and to save Fukushima’s residents who still live in tremendous situations, saving children first if they cannot act simultaneously.
However the Japanese government considers a successful 2020 Tokyo Olympics its most important objective.
They need to organize big event like Olympics for distracting people from other serious problems involving the mass media in raising the “Olympic Fever” making whoever is against 2020 Tokyo Olympics a bad citizen.
During the Second World War the Japanese government spread just convenient information for their propaganda.
Almost Japanese citizen cooperated the government, and “good ci)zen “ accused their “bad citizen “ neighbors who were opposed and led them arrested. If my state considers successful 2020 Tokyo Olympics more important objective than to save the innocent citizen, I would prefer to be a “bad citizen”
The truth is that the Fukushima’s disaster will last over 100years and, to my utmost surprise, no one has been formally incriminated yet, no TEPCO representative, director, manager, no minister, no politician, no specialists who have caused it.
Nobody has even been accused taken responsibility for the Fukushima’s disaster.
To add insult to injury, our government want to restart those old nuclear plants which aren’t in operation and have intention to export the nuclear plant’s construc)on to other foreign countries.
The host the Olympic Games in the country under nuclear emergency is absurd and whoever participates takes the risk of being explosed, on the one hand; on the other is an accomplice to criminal conducts, guilty for his silence and denial.
23th August 2018
Hiroaki Koide
Former asistant professore in Research Reactor Instute of Kyoto University

「オリンピックはいつの時代も国威発揚に利用されてきた。…今大切なのは、“原子力緊急事態宣言”を一刻も早く解除できるよう、国の総力を挙げて働くことである。フクシマ事故の下で苦しみ続けている人たちの救済こそ、最優先の課題であり、少なくとも罪のない子どもたちを被曝から守らなければならない。それにも拘わらず、この国はオリンピックが大切だという。内部に危機を抱えれば抱えるだけ、権力者は危機から目を逸らせようとする。そして、フクシマを忘れさせるため、マスコミは今後ますますオリンピック熱を流し、オリンピックに反対する輩は非国民だと言われる時が来るだろう。…しかし、罪のない人を棄民したままオリンピックが大切だという国なら、私は喜んで非国民になろうと思う」(元京都大学原子炉実験所助教・小出裕章先生2018-8-23)

福島第一原子力発電所事故から10年が経とうとしています。自公維政権は、まるで、原発事故などなかったように、福島の人たちを切り捨て、東京オリンピックを開催しようとしています。大手メディアも、政権の意志を忖度し、「福島帰還」を奨励し、「東京オリンピック万歳!」の提灯記事を連日垂れ流しています。
さる2月13日に福島県沖を震源とする地震があり、福島原発の状況悪化が懸念されました。
報道では「原子力規制委員会は14日、福島県沖を震源とする13日夜の地震に伴い、廃炉作業中の東京電力福島第一原子力発電所5、6号機(福島県)と、廃炉が決まっている福島第二原発1号機(同)で、使用済み核燃料を貯蔵するプールから水の一部があふれたと発表した。いずれも外部への流出は確認されておらず、核燃料の冷却にも影響はない。福島第一原発では、5、6号機で発生した放射性物質を含む水を保管するタンクからも水漏れが見つかったが、タンクの周りに設けた堰内にとどまっている」(2021-2-14読売新聞)といった
「大山鳴動して鼠一匹」のような伝え方をしていますが、果たして大丈夫なのでしょうか?
福島第一原子力発電所事故は収束していません。オリンピックなど出来る状況ではないのです。
以前にも御紹介しましたが、元京都大学原子炉実験所助教の小出裕章先生が、2018年8月に、先生の知人であるイタリア在住の、楠本淳子さんに依頼されて、『フクシマ事故と東京オリンピック』という文章を書かれました。この文章は楠本淳子さんが英訳されて、2018年10月に世界各国のオリンピック委員会に彼女自身が書かれた文章と一緒に送られました。
「内部被ばくを考える市民研究会」が小出先生の文章と楠本さんの英訳文を、元駐スイス大使の村田光平氏のコメントとともにHPで公開していますので、ここに再掲させて頂きます。非常に長文の記事ですが、お読み頂ければと存じます。
■以下、「内部被ばくを考える市民研究会」の記事の転載(コピペ)です。
『フクシマ事故と東京オリンピック』
小出裕章(元京都大学原子炉実験所助教)
内部被ばくを考える市民研究会
投稿日:2018.10.10 | カテゴリー:内部被ばくと健康被害, 資料
皆様
小出裕章様からお送りいただいた大変貴重な資料をお届けいたします。 原子力村の罪深さを余すところなく究明されておられます。「東京五輪に参加する国や人々は、一方では被曝の危険を追うが、 一方ではこの国の犯罪に加担する役割を果たすことになる」と断じておられます。 東京五輪返上論の具体的・理論的な決定版です。皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。
村田光平 (元駐スイス大使)
皆様
今回お届けしたメッセージについて小出裕章様から下記の報告をいただきましたのでお知らせいたします。「今回の文章はイタリア在住の知人楠本淳子さんに依頼されて書きました。それを英文に翻訳して下さったのも彼女ですし、世界各国のオリンピック委員会に彼女自身が書かれた文章と一緒に送られることになっています。」同メッセージは多大な反響を呼んでおりますが、一例として入口紀男東工大特任教授から頂いた報告を下記いたします。
村田光平 (元駐スイス大使)
「フクシマ事故と東京オリンピック」 小出 裕章(元京都大学原子炉実験所助教)
2011年3月11日、巨大な地震と津波に襲われ、東京電力・福島第一原子力発電所が全所停電となった。全所停電は、原発が破局的事故を引き起こす一番可能性のある原因だと専門家は一致して考えていた。その予測通り、福島第一原子力発電所の原子炉は熔け落ちて、大量の放射性物質を周辺環境にばらまいた。日本国政府が国際原子力機関に提出した報告書によると、その事故では、1.5×10 の16 乗ベクレル、広島原爆168発分のセシウム137を大気中に放出した。広島原爆1発分の放射能だって猛烈に恐ろしいものだが、なんとその168倍もの放射能を大気中にばらまいたと日本政府が言っている。
その事故で炉心が熔け落ちた原子炉は1 号機、2 号機、3 号機で、合計で7×10 の17 乗ベクレル、広島原爆に換算すれば約8000 発分のセシウム137 が炉心に存在していた。そのうち大気中に放出されたものが168 発分であり、海に放出されたものも合わせても、現
在までに環境に放出されたものは広島原爆約1000 発分程度であろう。つまり、炉心にあった放射性物質の多くの部分が、いまだに福島第一原子力発電所の壊れた原子炉建屋などに存在している。これ以上、炉心を熔かせば、再度放射性物質が環境に放出されしまうことになる。それを防ごうとして、事故から7年以上経った今も、どこかにあるであろう熔け落ちた炉心に向けてひたすら水を注入してきた。そのため、毎日数百トンの放射能汚染水が貯まり続けてきた。東京電力は敷地内に1000 基を超えるタンクを作って汚染水を貯めてきたが、その総量はすでに100 万トンを超えた。敷地には限りがあり、タンクの増設には限度がある。近い将来、東京電力は放射能汚染水を海に流さざるを得なくなる。もちろん一番大切なのは、熔け落ちてしまった炉心を少しでも安全な状態に持って行くことだが、7 年以上の歳月が流れた今でも、熔け落ちた炉心がどこに、どんな状態であるかすら分からない。なぜなら現場に行かれないからである。事故を起こした発電所が火力発電所であれば、簡単である。当初何日間か火災が続くかもしれないが、それが収まれば現場に行くことができる。事故の様子を調べ、復旧し、再稼働することだって出来る。しかし、事故を起こしたものが原子力発電所の場合、事故現場に人間が行けば、死んでしまう。国と東京電力は代わりにロボットを行かせようとしてきたが、ロボットは被曝に弱い。なぜなら命令が書き込まれているIC チップに放射線が当たれば、命令自体が書き変わってしまうからである。そのため、これまでに送り込まれはロボットはほぼすべてが帰還できなかった。
2017年1月末に、東京電力は原子炉圧力容器が乗っているコンクリート製の台座(ペデスタル)内部に、いわゆる胃カメラのような遠隔操作カメラを挿入した。圧力容器直下にある鋼鉄製の作業用足場には大きな穴が開き、圧力容器の底を抜いて熔け落ちて来た炉心がさらに下に落ちていることが分かった。しかし、その調査ではもっと重要なことが判明した。人間は8シーベルト被曝すれば、確実に死ぬ。圧力容器直下での放射線量は一時間当たり20Sv であったが、そこに辿り着く前に530あるいは650シーベルトという放射線が計測された。そして、この高線量が測定された場所は、円筒形のぺデスタルの内部ではなく、ペデスタルの壁と格納容器の壁の間だったのである。東京電力や国は、熔け落ちた炉心はペデスタルの内部に饅頭のように堆積しているというシナリオを書き、30年から40年後には、熔け落ちた炉心を回収し容器に封入する、それを事故の収束と呼ぶとしてきた。しかし実際には、熔けた核燃料はペデスタルの外部に流れ出、飛び散ってしまっているのである。やむなく国と東京電力は「ロードマップ」を書き換え、格納容器の横腹に穴を開けて掴み出すと言い始めた。しかし、そんな作業をすれば、労働者の被曝量が膨大になってしまい、出来るはずがない。
私は当初から旧ソ連チェルノブイリ原子力発電所事故の時にやったように石棺で封じるしかないと言ってきた。そのチェルノブイリ原発の石棺は30年たってボロボロになり、2016年11月にさらに巨大な第2石棺で覆われた。その第2石棺の寿命は100年という。その後、どのような手段が可能かは分からない。今日生きている人間の誰一人としてチェルノブイリ事故の収束を見ることができない。ましてやフクシマ事故の収束など今生きている人間のすべてが死んでも終わりはしない。その上、仮に熔け落ちた炉心を容器に封入することができたとしても、それによって放射能が消える訳ではなく、その後数十万年から100万年、その容器を安全に保管し続けなければならないのである。
発電所周辺の環境でも、極度の悲劇がいまだに進行中である。事故当日、原子力緊急事態宣言が発令され、初め3km、次10km、そして20km と強制避難の指示が拡大していき、人々は手荷物だけを持って家を離れた。家畜やペットは棄てられた。
それだけではない、福島第一原子力発電所から40~50km も離れ、事故直後は何の警告も指示も受けなかった飯舘村は、事故後一カ月以上たってから極度に汚染されているとして、避難の指示が出、全村離村となった。人々の幸せとはいったいどのようなことを言うのだろう。
多くの人にとって、家族、仲間、隣人、恋人たちとの穏やかな日が、明日も、明後日も、その次の日も何気なく続いていくことこそ、幸せというものであろう。それがある日突然に断ち切られた。避難した人々は初めは体育館などの避難所、次に、2人で四畳半の仮設
住宅、さらに災害復興住宅や、みなし仮設住宅へ移った。その間に、それまでは一緒に暮らしていた家族もバラバラになった。生活を丸ごと破壊され、絶望の底で自ら命を絶つ人も、未だに後を絶たない。
それだけではない。極度の汚染のために強制避難させられた地域の外側にも、本来であれば「放射線管理区域」にしなければいけない汚染地帯が広大に生じた。「放射線管理区域」とは放射線を取り扱って給料を得る大人、放射線業務従事者だけが立ち入りを許される場である。そして放射線業務従事者であっても、放射線管理区域に入ったら、水を飲むことも食べ物を食べることも禁じられる。もちろん寝ることも禁じられるし、放射線管理区域にはトイレすらなく、排せつもできない。国は、今は緊急事態だとして、従来の法令を反故にし、その汚染地帯に数百万人の人を棄てた。棄てられた人々は、赤ん坊も含めそこで水を飲み、食べ物を食べ、寝ている。当然、被曝による危険を背負わせられる。棄てられた人は皆不安であろう。被曝を避けようとして、仕事を捨て、家族全員で避難した人もいる。子どもだけは被曝から守りたいと、男親は汚染地に残って仕事をし、子どもと母親だけ避難した人もいる。でも、そうしようとすれば、生活が崩壊したり、家庭が崩壊する。汚染地に残れば身体が傷つき、避難すれば心が潰れる。棄てられた人々は、事故から7年以上、毎日毎日苦悩を抱えて生きてきた。
その上、国は2017年3月になって国は、一度は避難させた、あるいは自主的に避難していた人たちに対して、1年間に20ミリシーベルトを越えないような汚染地であれば帰還するように指示し、それまでは曲がりなりにも支援してきた住宅補償を打ち切った。
そうなれば、汚染地に戻らざるを得ない人も出る。今、福島では復興が何より大切だとされている。そこで生きるしかない状態にされれば、もちろん皆、復興を願う。そして人は毎日、恐怖を抱えながらは生きられない。汚染があることを忘れてしまいたいし、幸か不
幸か放射能は目に見えない。国や自治体は積極的に忘れてしまえと仕向けてくる。逆に、汚染や不安を口にすれば、復興の邪魔だと非難されてしまう。
1年間に20ミリシーベルトという被曝量は、かつての私がそうであった「放射線業務従事者」に対して初めて許した被曝の限度である。それを被曝からは何の利益も受けない人々に許すこと自体許しがたい。その上、赤ん坊や子どもは被曝に敏感であり、彼らには日本の原子力の暴走、フクシマ事故になんの責任もない。そんな彼らにまで、放射線業務従事者の基準を当てはめるなど、決してしてはならないことである。しかし、日本の国はいま、「原子力緊急事態宣言」下にあるから、仕方がないと言う。緊急事態が丸1日、丸1週間、1月、いや場合によっては1年続いてしまったということであれば、まだ理解できないわけではない。しかし実際には、事故後7年半たっても「原子力緊急事態宣言」は解除されていない。国は積極的にフクシマ事故を忘れさせてしまおうとし、マスコミも口をつぐんでいて、「原子力緊急事態宣言」が今なお解除できず、本来の法令が反故にされたままであることを多くの国民は忘れさせられてしまっている。環境を汚染している放射性物質の主犯人はセシウム137であり、その半減期は30年。100年たってもようやく10分の1にしか減らない。実は、この日本という国は、これから100年たっても、「原子力緊急事態宣言」下にあるのである。
オリンピックはいつの時代も国威発揚に利用されてきた。近年は、箱モノを作っては壊す膨大な浪費社会と、それにより莫大な利益を受ける土建屋を中心とした企業群の食い物にされてきた。今大切なのは、「原子力緊急事態宣言」を一刻も早く解除できるよう、国の総力を挙げて働くことである。フクシマ事故の下で苦しみ続けている人たちの救済こそ、最優先の課題であり、少なくとも罪のない子どもたちを被曝から守らなければならない。
それにも拘わらず、この国はオリンピックが大切だという。内部に危機を抱えれば抱えるだけ、権力者は危機から目を逸らせようとする。そして、フクシマを忘れさせるため、マスコミは今後ますますオリンピック熱を流し、オリンピックに反対する輩は非国民だと言われる時が来るだろう。先の戦争の時もそうであった。マスコミは大本営発表のみを流し、ほとんどすべての国民が戦争に協力した。自分が優秀な日本人だと思っていればいるだけ、戦争に反対する隣人を非国民と断罪して抹殺していった。しかし、罪のない人を棄民したままオリンピックが大切だという国なら、私は喜んで非国民になろうと思う。
フクシマ事故は巨大な悲劇を抱えたまま今後100 年の単位で続く。膨大な被害者を横目で見ながらこの事故の加害者である東京電力、政府関係者、学者、マスコミ関係者など、誰一人として責任を取っていないし、処罰もされていない。それを良いことに、彼らは今は止まっている原子力発電所を再稼働させ、海外にも輸出すると言っている。
原子力緊急事態宣言下の国で開かれる東京オリンピック。それに参加する国や人々は、もちろん一方では被曝の危険を負うが、一方では、この国の犯罪に加担する役割を果たすことになる。
2018年8月23日 小出裕章
(以上、「内部被ばくを考える市民研究会」の記事の転載おわり)
再度、言います。東京オリンピックの開催など無理です。
国は、福島第一原発の事故処理に真面目に取り組むべきです。人々が毎日安心して楽しく暮らせる平和な社会が担保されない国は民主主義国家とは言えません。
私たちは、現実をしっかりと見据え、普通に考えてオカシイものはオカシイと堂々と言い、日本を再生しなければなりません。
(註)この記事は2020年2月20日の記事に加筆したものです。
1人、立っている、、「東京五輪招致プレゼンテーション 安倍首相 福島第一を視察へ 国際社会ヘアピールも 安倍首相 「状況はコントロールされている」として 「状況はコントロールさ 汚染水は東京五輪開催に影響はないと説」というテキストの画像のようです
Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close