Video of Debate on Is War Ever Justifiable?

戦争はそもそも正当化できるか?についての討論のビデオ

Video of Debate on Is War Ever Justifiable?

デーヴィッド・スワンソンによる

By David Swanson
http://davidswanson.org/video-of-debate-on-is-war-ever-justifiable

On February 12, 2018, I debated Pete Kilner on the topic of “Is War Ever Justifiable?” (Location: Radford University; Moderator Glen Martin; videographer Zachary Lyman). Here is video:

2018年2月12日私はピート・キルナーと「戦争はそもそも正当化できるのか?」について討論そしました(場所:ラドフォード大学;司会者:グレン・マーテイン;ビデオ撮影者:ザッカリ・ライマン)ビデオはこちら:On February 12, 2018, I debated Pete Kilner on the topic of “Is War Ever Justifiable?” (Location: Radford University; Moderator Glen Martin; videographer Zachary Lyman). Here is video:

Youtube.

Facebook.

発表者二人の履歴

The two speakers’ bios:

ピート・キルナーは歩兵として軍隊でと合衆国軍学校(ミリタリー・アカデミーで28年以上仕えた作家であり軍事倫理家です。彼は戦闘指導部の研究をする為にイラクとアフガにスターンへ数回派遣されています。彼はウェスト・ポイントの卒業生ですが、ヴァージニア・テックから哲学修士号とペンシルヴァニア州立大学から教育博士号をもらっています。

Pete Kilner is a writer and military ethicist who served more than 28 years in the Army as an infantryman and professor at the U.S. Military Academy. He deployed multiple times to Iraq and Afghanistan to conduct research on combat leadership. A graduate of West Point, he holds an MA in Philosophy from Virginia Tech and a Ph.D. in Education from Penn State.

デーヴィッド・スワンソンは著述家、活動家、ジャーナリスト、ラジオ・ホストです。彼は戦争超越世界団体の代表です。スワンソンの本には「戦争は嘘っぱち」と「戦争は決して正当化できない」があります。彼は2015年、2016年、2017年のノーベル平和賞に指名されていました。彼はヴァージニア大学から哲学修士号をもらっています。

David Swanson is an author, activist, journalist, and radio host. He is director of WorldBeyondWar.org. Swanson’s books include War Is A Lie and War Is Never Just. He is a 2015, 2016, 2017 Nobel Peace Prize Nominee. He holds an MA in philosophy from UVA.

誰が勝ったか?

Who won?

討論前に部屋にいた人々は「戦争はいったい正当化できるか?」に対する答えが「はい」、「いいえ」、「どちらとも言えない」のいずれと考えるかを、その結果がスクリーンに表示されるオンライン・システムに表明するように頼まれました。25人が投票しました:68%は「はい」、12%が「いいえ」、12%が「どちらともいえない」でした。討論後再びその質問が投げかけられました。20人が投票しました:40%は「はい」、45%が「いいえ」、15%が「どちらとも言えない」でした。下のコメント欄にこの討論があなたをどちらに動かしたかを示す為にご利用ください。

Prior to the debate, people in the room were asked to indicate in an online system that displayed the results on a screen whether they thought the answer to “Is War Ever Justifiable?” was yes, no, or they were not sure. Twenty-five people voted: 68% yes, 20% no, 12% not sure. After the debate the question was posed again. Twenty people voted: 40% yes, 45% no, 15% not sure. Please use the comments below to indicate whether this debate moved you in one direction or the other.

(戦争の問題についての討論)

下記が私が討論に用意した意見です:

These were my prepared remarks for the debate:

この討論を主催して頂き有難うございます。この手短な概観は答えるより疑問を起こさせるのを避け得ませんが、多くは私の本で充分に答えるように試みましたし、その多くはdavidswanson.orgに記録してあります。

Thank you for hosting this debate. Everything I say in this quick overview will unavoidably raise more questions than it answers, many of which I’ve tried to answer at length in books and much of which is documented at davidswanson.org.

戦争は選択されるものであるという事実から始めましょう。戦争は遺伝子や他の力で支配されるものではありません。私達の種(ホモ・サピエンス:智慧のヒト)は少なくとも約20万年は地上にいましたが、戦争と呼べるような如何なるものも1万2千年を超えることはありません。人々が多くは相互に怒鳴り合い棒切れや刀を振り回したことが世界の半分回った向こう側の村々にミサイルを送るジョイ・ステック(歓喜棒)を机上で振り回すのと同じ物だと呼び得る範囲で、私達が戦争と呼ぶものは現生人種の存在の中では存在したよりも存在しなかった方が遥かに多いのです。多くの社会はそんなもの無しでやって来ました。

Let’s begin with the fact that war is optional. It’s not dictated to us by genes or outside forces. Our species has been around at least 200,000 years, and anything that could be called war no more than 12,000. To the extent that people mostly shouting at each other and waving sticks and swords can be called the same thing as a person at a desk with a joystick sending missiles into villages halfway around the world, this thing we call war has been far more absent than present in human existence. Many societies have done without it.

戦争が自然だという考え、率直に言って、は愚劣なものです。殆どの人を戦争に参加させるには大変な条件付けが必要ですし、参加者の自殺率が高いことを含めて大変な精神的苦痛を戦争参加者にもたらすのが普通です。反対に、戦争が無いからと言って深い道徳的苦痛を蒙りPTDS(トラウマ後ストレス症候群)を起こしたと知られる者は一人としていません。

The notion that war is natural is, frankly, ridiculous. A great deal of conditioning is needed to prepare most people to take part in war, and a great deal of mental suffering, including higher suicide rates, is common among those who have taken part. In contrast, not a single person is known to have suffered deep moral regret or post-traumatic stress disorder from war deprivation.

戦争は人口密度や資源不足に関係してはいません。最も戦争を受容する社会が最も戦争を行うという簡単至極なことです。合衆国はそのリストで高く、様々な計測方法で最高点を独占しています。諸調査で、富裕諸国の中で合衆国公衆は最も、引用「先制的に」他国を攻撃するのを支持すると、判っています。諸世論調査で、合衆国人の44%は自分の国の為に戦争で戦うというが、生活の質が同程度あるいは高い多くの国では20%以下だと判っています。

War does not correlate with population density or resource shortages. It is quite simply most used by societies most accepting of it. The United States is high on, and by some measures, dominates the top of that list. Surveys have found the U.S. public, among wealthy nations, the most supportive of –quote– “preemptively” attacking other countries. Polls have also found that in the U.S. 44% of people claim they would fight in a war for their country, while in many countries with equal or higher quality of life that response is under 20%.

合衆国文化は軍国主義で蔓延しており合衆国政府は、合衆国がもっと支出するように押し付ける親近連盟諸国はその他の大支出国であるにも拘わらず、軍事費を他国全部の合計と殆ど同じだけ支出して、戦争に懸命なことが独特なのです。コスタリカやアイスランドなど殆どの国が年間支出ゼロに近いのに合衆国は一兆ドルも支出しています。合衆国は外国に約800の基地をもっていますが他国の基地は合計で2、3ダースに過ぎません。第二次大戦以降合衆国は2千万人を殺したか殺させ、少なくとも36の政府を転覆し、少なくとも84の外国の選挙に干渉し、50人以上の国家指導者を暗殺しようとし、30以上の国に爆弾を落としました。過去16年でアフガニスターン、イラク、パキスターン、リビア、ソマリア、イェーメン、シリアを含む地球地域を組織的に損害を与えた。合衆国は世界の三分の二の諸国に展開する「特殊部隊」を持っています。

U.S. culture is saturated with militarism, and the U.S. government is uniquely devoted to it, spending almost the same as the rest of the world combined, despite most of the other big spenders being close allies whom the U.S. pushes to spend more. In fact, every other nation on earth spends closer to the $0 per year spent by nations like Costa Rica or Iceland than to the over $1 trillion spent by the U.S. The United States maintains some 800 bases in other people’s countries, while all other nations on earth combined maintain a few dozen foreign bases. Since World War II, the United States has killed or helped kill some 20 million people, overthrown at least 36 governments, interfered in at least 84 foreign elections, attempted to assassinate over 50 foreign leaders, and dropped bombs on people in over 30 countries. For the past 16 years, the United States has been systematically damaging a region of the globe, bombing Afghanistan, Iraq, Pakistan, Libya, Somalia, Yemen, and Syria. The United States has so-called “special forces” operating in two-thirds of the world’s countries.

私がバスケットボールの試合を見ると二つのことが殆ど保障されています、すなわち、UVA(ヴァージニア大学の)優勝と175ヶ国で観戦する兵士達への感謝です。2016年大統領選挙討論での質問は「何十万人の無垢の子供達を殺す気があるか?」でしたが、こんな事も又アメリカ独特のことです。他の96%の人間が住む地域の選挙討論ではこんな事はありえません。合衆国の諸外交機関紙が北朝鮮やイランを攻撃すべきか否かを論じていますが、これもアメリカ独特の事です。殆どの国の公衆は2013年のギャラップ調査で合衆国が世界の平和に対する最大の脅威であるとしています。2017年のピュー調査では更にその見解は増加していることを見い出しています

When I watch a basketball game on television, two things are ALMOST guaranteed. UVA will win. And the announcers will thank U.S. troops for watching from 175 countries. That’s uniquely American. In 2016 a presidential primary debate question was “Would you be willing to kill hundreds and thousands of innocent children?” That’s uniquely American. That doesn’t happen in election debates where the other 96% of humanity live. U.S. foreign policy journals discuss whether to attack North Korea or Iran. That, too, is uniquely American. The publics of most countries polled in 2013 by Gallup called the United States the greatest threat to peace in the world. Pew found that viewpoint increased in 2017.

だから、唯一の戦争屋ではありませんが、この国は戦争に異常に投資しているのです。ですが、一体何が正当化できる戦争にするのでしょうか?正義の戦争論では戦争はいくつかの判断基準を満たさなければならないのですが、それは三つの部類に纏められるでしょう、即ち、非経験主義、不道徳、不可能です。非経験主義には「正統な意図」、「正義の大義」、「均衡性」といったものがあります。政府がISISが金を隠している建物を爆撃して50人まで殺すことを正当化する時、「ノー(否)」と言うのか、49人まで、6人まで、それとも4,097人まで正当に殺してよいのかについての同意された、経験的な方法はありません。

So, this country has an unusually strong investment in war, though it is far from the only warmaker. But what would it take to have a justifiable war? According to just war theory, a war must meet several criteria, which I find fall into these three categories: the non-empirical, the amoral, and the impossible. By non-empirical, I mean things like “right intention,” “a just cause,” and “proportionality.” When your government says bombing a building where ISIS stashes money justifies killing up to 50 people, there’s no agreed upon, empirical means to reply No, only 49, or only 6, or up to 4,097 people can be justly killed.

戦争に、例えば奴隷制度を終わらせる為といった、戦争の正当な大義をくっ付けることは決して戦争の実際の大義のすべてを説明するものではなく、全く戦争を正当化する理由にはなりません。地球の殆どで戦争なしで奴隷制度や農奴制が廃止された時代に、例えば、それを戦争の大義にすることは何の重みもありません。

Attaching some just cause to a war, such as ending slavery, never explains all the actual causes of a war, and does nothing to justify the war. During a time when much of the globe ended slavery and serfdom without war, for example, claiming that cause as the justification for a war holds no weight.

不道徳にというのは、公に宣戦布告されたとか正当で有能な権威によって戦争が行われるといった事です。これらは道徳的関心と関係ありません。例え正当で有能な権威を実際に持っているとしても、それが戦争をもっと正当にも或いはもっと不正当にするものでもありません。イェーメンの一家族がひっきりなしにブンブン飛び回っているドローンから身を隠しながら有能な権威が自分達に送ってくれたと感謝する事など誰が思い描くことができるでしょうか?

By amoral criteria, I mean things like being publicly declared and being waged by legitimate and competent authorities. These are not moral concerns. Even in a world where we actually had legitimate and competent authorities, they wouldn’t make a war any more or less just. Does anyone really picture a family in Yemen hiding from a constantly buzzing drone and expressing gratitude that the drone has been sent to them by a competent authority?

不可能とは「最後の手段として」とか「合理的成功の見通しを持って」とか「非戦闘員を攻撃から免れるようにして」とか「敵兵を人間としてそんけいして」とか「戦争捕虜を非戦闘員として扱う」といったことです。何かを「最後の手段として」というのは実際は単に自分の最善の考えだという事に過ぎず、唯一の手段だというのではありません。誰でも、アフガン人とかイラク人の立場にたっても、常に他に考えがあるものです。エリカ・チェノウェッチやマリア・ステファンのような人達の研究で、国内であろうと外国からの暴政に対してであろうと非暴力的抵抗の方が二倍も成功し、その成功は遥かに永続するということが判っています。私達は成功例を、時には部分的に、時には完全に、外国による侵入に、長年に渡って、ナチ占領のデンマークやノルウェーで、インドで、パレスチナで、西サハラで、リトアニアで、ラトヴィアで、エストニアで、ウクライナ等で、そして多くの場合外国支援の政権に対する1ダースほどの成功例を見ることができます。

By impossible, I mean things like “be a last resort,” “have a reasonable prospect of success”, “keep noncombatants immune from attack,” “respect enemy soldiers as human beings,” and “treat prisoners of war as noncombatants.” To call something a “last resort” is in reality merely to claim it is the best idea you have, not the only idea you have. There are always other ideas that anyone can think of, even if you’re in the role of the Afghans or Iraqis actually being attacked. Studies like those of Erica Chenoweth and Maria Stephan have found nonviolent resistance to domestic and even foreign tyranny to be twice as likely to succeed, and those successes to be far longer lasting. We can look to successes, some partial, some complete, against foreign invasions, over the years in Nazi-occupied Denmark and Norway, in India, Palestine, Western Sahara, Lithuania, Latvia, Estonia, Ukraine, etc., and dozens of successes against regimes that in many cases have had foreign support.

私の希望は更に多くの人々が非暴力の諸道具と自らの力を知れば、それだけ益々その人達がその力を信じてそれを選び、そうすれば非暴力の力が好循環して増大することです。人々がある外国の独裁権力がその十倍の大きさの、占領者達に非暴力の非協力に献身する人々の国家を侵略して占領するなどという考えを嘲る時がやがて来ることを想像します。既に度々あった事ですが、私が戦争を支持しないのなら北朝鮮語や彼らの言う「ISIS語」を話し始める用意をした方が良いと言って脅しの電子メールを送ってくる人々に笑ってやります。有りもしない言語のことはまあ許すとして、誰かが三億のアメリカ人に外国語を強制する、まして銃口を当ててする、などと言う考えは情けなくて泣けて来そうになります。アメリカ人すべてが多言語を知っていたなら、どんなにか戦争のプロパガンダが弱くなるだろうにと想像しないわけにはいかないのです。

My hope is that the more that people learn the tools of nonviolence and their power, the more they will believe in and choose to make use of that power, which will increase the power of nonviolence in a virtuous cycle. At some point I can imagine people laughing at the idea that some foreign dictatorship is going to invade and occupy a nation ten times its size, full of people dedicated to nonviolent noncooperation with occupiers. Already, I get a laugh on a frequent basis when people email me with the threat that if I do not support war I had better be prepared to start speaking North Korean or what they call “the ISIS language.” Apart from the nonexistence of these languages, the idea that anybody is going to get 300 million Americans to learn any foreign language, much less do so at gun point, almost makes me cry. I can’t help imagining how much weaker war propaganda might be if all Americans did know multiple languages.

不可能な判断基準を続けるなら、ある人を殺そうとして、その人を尊敬というのはどうなのでしょうか?人を尊敬するには沢山の方法がありますが、その人を殺そうとする事とは、そのどれとも同時にあることはできません。実際、私は私を殺そうとする人間を私を尊敬する人々の最下位に等級付けするでしょう。正義の戦争の理論を始めた人々は誰かを殺すことが自分に都合が良いと信じていた人々であったことを思い出してください。そして現代の戦争においては非戦闘員が死者の大多数を占めるので、彼らを安全にすることは不可能なのだということも。そして、合理的な成功の見込みも無いことも思い出して下さいー合衆国軍隊は記録的敗戦の連続の跡なのです。

Continuing with the impossible criteria, what about respecting a person while trying to kill her or him? There are lots of ways to respect a person, but none of them can exist simultaneously with trying to kill that person. In fact, I would rank right at the bottom of people who respect me those who were trying to kill me. Remember that just war theory began with people who believed killing someone was doing them a favor. And noncombatants are the majority of casualties in modern wars, so they cannot be kept safe. And there’s no reasonable prospect of success available — the U.S. military is on a record losing streak.

しかし、いかなる戦争も決して正当化できないのは如何なる戦争も正義の戦争の判断基準を全て満たすことが出来ないということではなくて、その最大の理由はむしろ戦争は偶発ではなくて制度だということです。

But the biggest reason that no war can ever be justified is not that no war can ever meet all the criteria of just war theory, but rather that war is not an incident, it is an institution.

合衆国内の多くの人々は多くの合衆国の戦争は不正義のものであったことを認めても第二次大戦とその後の一、二の戦争の正当性を主張します。他の人々はこれまで正義の戦争は無かったと主張しても、今や何時の日か正当化できる戦争があるかもしれないという大衆の想像に組みしています。そのような予想は今までの戦争すべてより遥かに多くの人々を殺すというものです。合衆国政府は毎年一兆ドルを戦争と戦争準備に支出しますが、その3%で飢餓を無くし、1%で地球上から綺麗な飲み水の不足を無くすことが出来るのです。軍事予算が地球の気候を救おうとするのに必要な資金を捻出できる所です。戦争の暴力によるよりも金をうまく使わなかった失敗によって遥かに多くの生命が失われ傷つけられます。そして戦争の暴力によって直接失われ危機におかれるよりも、その暴力による副作用によってより多くのものが失われその危機にさらされるのです。戦争と戦争準備が自然環境の最大の破壊者なのです。地球上の殆どの諸国は合衆国軍隊より化石燃料を使うのは少いのです。合衆国内だけでも殆どのスーパーファンド(汚染除去の巨額資金)災害現場は軍事基地内にあるのです。戦争制度は例え戦争が「自由」の名の下に市場に売られていようとも私達の最大の自由の最大の侵略者なのです。この機関は私達を貧困にし、法の支配を脅威にさらし、暴力、偏狭、警察軍事化、大々的査察を燃料にして私達の文化を低下させているのです。この機関が私達すべてを核惨事の危機に直面させているのです。そして、それはそれに従事するとその社会を保護するよりも危険に曝すのです。

Many people in the U.S. will concede that many U.S. wars have been unjust, but claim justness for World War II and in some cases one or two since. Others claim no just wars yet, but join the masses in supposing that there might be a justifiable war any day now. It is that supposition that kills far more people than all of the wars. The U.S. government spends over $1 trillion on war and war preparations each year, while 3% of that could end starvation, and 1% could end the lack of clean drinking water globally. The military budget is the only place with the resources needed to try to save the earth’s climate. Far more lives are lost and damaged through the failure to spend money well than through the violence of war. And more are lost or put at risk through side-effects of that violence than directly. War and war preparations are the biggest destroyer of the natural environment. Most countries on earth burn less fossil fuel than does the U.S. military. Most superfund disaster sites even within the U.S. are at military bases. The institution of war is the biggest eroder of our liberties even when the wars are marketed under the word “freedom.” This institution impoverishes us, threatens the rule of law, and degrades our culture by fueling violence, bigotry, the militarization of police, and mass surveillance. This institution puts us all at risk of nuclear disaster. And it endangers, rather than protects, those societies that engage in it.

ワシントンポスト紙によるとトランプ大統領がいわゆる「防衛」長官ジェームス・マチスに何故アフガニスターンに兵隊達を送るのかと尋ねたところ、マチスはタイムズ・スクエアでの爆破を防ぐためだと回答したそうです。しかし、2010年にタイムズ・スクエアを爆破しようとした男はアフガニスターンから合衆国の兵隊達を去るようにしたのです。

According to the Washington Post, President Trump asked Secretary of so-called Defense James Mattis why he should send troops to Afghanistan, and Mattis replied that it was to prevent a bombing in Times Square. Yet the man who tried to blow up Times Square in 2010 said he was trying to get U.S. troops out of Afghanistan.

北朝鮮が合衆国を占領しようとするなら北朝鮮は現在の軍隊の何倍も大きな戦力を必要とするでしょう。北朝鮮が合衆国を攻撃すれば、万が一実際に出来たとしても、それは自殺行為でしょう。そんなことが起きるでしょうか?まあ、合衆国がイラクを攻撃する前にCIAが言ったことをご覧ください:「イラクは、万が一自分が攻撃された時にのみ、自分の兵器を使うようです。」存在しなかった武器(の嘘)はさて置いて、それは正確なものでした。

For North Korea to try to occupy the U.S. would require a force many times larger than the North Korean military. For North Korea to attack the U.S., were it actually capable, would be suicide. Could it happen? Well, look at what the CIA said before the U.S. attacked Iraq: Iraq would be most likely to use its weapons only if attacked. Apart from the weapons not existing, that was accurate.

(地球テロ指標」によれば)テロは「テロに対する戦争」中に予想された通り増加して来ました。テロリストの攻撃の99.5%は戦争をしているか、さらに又は別に裁判なしの留置や不法な殺人をしている国で起きています。テロが最高率なのは(米国の、米国による)いわゆる「解放され」「民主化された」イラクとアフガニスターンです。(非国家、政治動機の暴力である)テロの殆どに責任をもつ世界中のテロリスト・グループは米国の「テロに対する戦争」から生まれました。これらの戦争自体が多数の退役直後の合衆国政府官僚や少しばかりの合衆国政府報告に、軍事的暴力は反生産的で殺した数よりももっと多くの敵を生み出している、と言わせています。すべての自爆テロ攻撃の95%は外国の占領者をテロリストの本国から去ることを促すために起きています。そして2012年のFBIの研究は、合衆国内のいわゆる自家製テロ事件に関わった個人の最大の動機は合衆国の海外での軍事作戦に対する怒りである、と言っています。

Terrorism has predictably increased during the war on terrorism (as measured by the Global Terrorism Index). 99.5% of terrorist attacks occur in countries engaged in wars and/or engaged in abuses such as imprisonment without trial, torture, or lawless killing. The highest rates of terrorism are in so-called “liberated” and “democratized” Iraq and Afghanistan. The terrorist groups responsible for the most terrorism (that is, non-state, politically motivated violence) around the world have grown out of U.S. wars against terrorism. Those wars themselves have caused numerous just-retired top U.S. government officials and a few U.S. government reports to describe military violence as counterproductive, as creating more enemies than are killed. 95% of all suicide terrorist attacks are conducted to encourage foreign occupiers to leave the terrorist’s home country. And an FBI study in 2012 said that anger over U.S. military operations abroad was the most commonly cited motivation for individuals involved in cases of so-called homegrown terrorism in the United States.

これらの事実は私に以下の三つの結論を得させます:

The facts lead me to these three conclusions:

1)合衆国内での外人テロは合衆国軍隊を合衆国でないどの国にも入れないことによって事実上無くしうる。

1) Foreign terrorism in the United States can be virtually eliminated by keeping the U.S. military out of any country that is not the United States.

2)もしカナダが合衆国並み規模の反カナダ・テロリスト・ネットワークを望むか、ただ北朝鮮による脅威を受けたいと望むなら、それは世界中での爆撃、占領、基地建設を激増する必要があるでしょう。

2) If Canada wanted anti-Canadian terrorist networks on a U.S. scale or just wanted to be threatened by North Korea, it would need to radically increase its bombing, occupying, and base construction around the world.

3) テロとの戦い、もっと麻薬を生む麻薬との戦い、貧困を増やすように見える貧困との戦い、のモデルの上に私達は維持可能な繁栄と幸福の為の戦いを始めることを考慮するだけ賢明になりたいものです。

3) On the model of the war on terrorism, the war on drugs that produces more drugs, and the war on poverty that seems to increase poverty, we would be wise to consider launching a war on sustainable prosperity and happiness.

真面目な話、例えば北朝鮮との戦争が正当化される為には、合衆国は何年にもわたって平和を避けて紛争を挑発する様な努力をする必要はないでしょうし、無垢なのに攻撃されなければないでしょうし、それ以外に選択肢が考えられないように思考能力を失わなければならないでしょうし、核の冬が多くの土地に作物を育て或いは食べる能力を失うようなシナリオも含めるように「成功」という言葉を再定義する必要があるでしょう(ところで、1980年の核体制見直しの草案者キース・ペインは「ストレンジラブ(奇妙な愛)」の口真似をして二千万人のアメリカ人と無数のアメリカ人以外の死を容認するように「成功」という言葉の再定義をしました)し、非戦闘員を被害から免れさせる爆弾を発明しなければならないでしょうし、人々を尊敬しながら、彼らを殺す方法を編みだ出さなければならないし、加えるに、この注目すべき戦争はそんな戦争を用意するのに何十年もかけた損害、すなわち、一切の経済的損害、一切の政治的損害、地球の土地・水・気候に対する損害、急速に広がりうる飢餓と疾病によるあらゆる死亡、加えて、夢見られた正義の戦争の準備によって容易になった不正義の戦争のあらゆる恐怖、更に加えて、戦争制度によって創造される核による黙示(世界終末)の危険、等々よりも良いことをすることでしょう。如何なる戦争もそんな基準に適うことはできません。

Seriously, for a war on North Korea, for example, to be justifiable, the U.S. would have to have not gone to such efforts over the years to avoid peace and provoke conflict, it would have to be innocently attacked, it would have to lose the ability to think so that no alternatives could be considered, it would have to redefine “success” to include a scenario in which a nuclear winter might cause much of the earth to lose the ability to grow crops or eat (by the way, Keith Payne, a drafter of the new Nuclear Posture Review, in 1980, parroting Dr. Strangelove, defined success to allow up to 20 million dead Americans and unlimited non-Americans), it would have to invent bombs that spare noncombatants, it would have to devise a means of respecting people while killing them, and in addition, this remarkable war would have to do so much good as to outweigh all the damage done by decades of preparing for such a war, all the economic damage, all the political damage, all the damage to the earth’s land, water, and climate, all the deaths by starvation and disease that could have been so easily spared, plus all the horrors of all the unjust wars facilitated by the preparations for the dreamed-of just war, plus the risk of nuclear apocalypse created by the institution of war. No war can meet such standards.

ヒトラーがポーランドの自分の侵略をそう呼び、NATOがリビアの侵略ををそう呼んだいわゆる「人道的戦争」は勿論正義の戦争理論に適合はしません。それは又人類を益するものでもありません。合衆国とサウジの軍隊がイェメーンでしていることはここ何年かの中の最悪の人道的災害です。合衆国は世界の独裁者の73%に武器を売り与え、その多くに軍事訓練を提供します。サウジ人は国内の人権蹂躙の酷さと同国の西欧の侵略のありそうな事との間には何の相互関係もないことを見い出しました。ほかの研究は石油輸入国は石油輸出国の内戦に百倍も干渉することを見い出しました。実際、国が石油を多く生産すればするほど、所有すればするほど、第三者の干渉を受ける可能性が高いのです。

So called “humanitarian wars,” which is what Hitler called his invasion of Poland and NATO called its invasion of Libya, do not, of course, measure up to just war theory. Nor do they benefit humanity. What the U.S. and Saudi militaries are doing to Yemen is the worst humanitarian disaster in years. The U.S. sells or gives weapons to 73% of the world’s dictators, and gives military training to many of them. Studies have found that there is no correlation between the severity of human rights abuses in a country and the likelihood of Western invasion of that country. Other studies have found that oil importing countries are 100 times more likely to intervene in civil wars of oil exporting countries. In fact, the more oil a country produces or owns, the higher the likelihood is of third-party interventions.

合衆国は、他の戦争製造者と同様に、平和を避けようと懸命に働かなければならないのです。

The U.S., like any other war-maker, has to work hard to avoid peace.

合衆国はシリアの為の平和交渉を手放して拒否し何年も過ごしました。

The U.S. has spent years rejecting out of hand peace negotiations for Syria.

2011年にはNATOがリビアを爆撃開始できるように、アフリカ連合がリビアに平和プランを提出するのをNATOは邪魔立てしました。

In 2011, so that NATO could begin bombing Libya, the African Union was prevented by NATO from presenting a peace plan to Libya.

2003年には、米大統領ブッシュがフセインが退いても良いと言っていると話して聞かせたスペインの大統領も含めた、多数の情報源によれば、イラクは無制限の査察とその大統領の辞任さえも受け入れる用意があったのです。

In 2003, Iraq was open to unlimited inspections or even the departure of its president, according to numerous sources, including the president of Spain to whom U.S. President Bush recounted Hussein’s offer to leave.

2001年にアフガニスターンはオサマ・ビン・ラデンを裁判の為に第三国に引き渡す用意がありました。

In 2001, Afghanistan was open to turning Osama bin Laden over to a third country for trial.

1999年には合衆国国務省はわざと、ユーゴスラビア全土を占領するNATOの権利を主張することで遮断棒を高くして、セルビアが賛成せず、その故に爆撃されるようにしたのです。

In 1999, the U.S. State Department deliberately set the bar too high, insisting on NATO’s right to occupy all of Yugoslavia, so that Serbia would not agree, and would therefore supposedly need to be bombed.

1990年にはイラク政府はクウェートから撤退する交渉に進んで応ずるつもりでした。それはイスラエルがパレスチナ領域から撤退することと自らもイスラエルを含む全地域も大量破壊兵器を放棄するよう求めました。多数の政府は交渉の道を追及すべきだと主張しました。しかし合衆国は戦争を選びました。

In 1990, the Iraqi government was willing to negotiate withdrawal from Kuwait. It asked that Israel also withdraw from Palestinian territories and that itself and the whole region, including Israel, give up all weapons of mass destruction. Numerous governments urged that negotiations be pursued. The U.S. chose war.

歴史を遡りましょう。合衆国はヴェトナムに対する平和提案を妨害しました。朝鮮戦争の前にソ連は平和交渉を提案しました。スペインは米西戦争の前に合衆国船メイン号沈没が国際仲裁になることを望みました。メキシコはその北半分の譲度の交渉を望んでいました。どの場合でも、合衆国は戦争を選んだのです。

Go back through history. The United States sabotaged peace proposals for Vietnam. The Soviet Union proposed peace negotiations before the Korean War. Spain wanted the sinking of the U.S.S. Maine to go to international arbitration before the Spanish American War. Mexico was willing to negotiate the sale of its northern half. In each case, the U.S. preferred war.

平和はそれほど難しいものではないでしょう、もし人々がそれを駄目にするといった努力を止めればーマイク・ペンス(米副大統領)が北朝鮮人と一つ部屋に居ながら彼女の存在に気付いた素振りを示さないようにするように(不自然な行動をすることがなければ)。そして彼らが私達を脅すのを止めれば。恐怖は嘘と単純思考を信じれるようにします。私達には勇気が必要です!私達は(それによって反って)自らに益々大きな危険を生むように駆り立てる完全な安全という幻想を止めるべきです!

Peace would not seem so difficult if people stopped going to such efforts to avoid it — like Mike Pence in a room with a North Korean trying not to indicate awareness of her presence. And if we stopped letting them scare us. Fear can make lies and simplistic thinking believable. We need courage! We need to lose the fantasy of total safety that drives us to create ever greater danger!

そして、合衆国が、民主主義の名義を使って人々を爆撃するよりもむしろ、民主主義を実際に手に入れているならば、私が誰かに何かを信じさせるようなことは必要はないでしょう。合衆国の公衆は既に軍縮と外交を多く用いることを良しとしています。そのような動向は逆軍事競争を刺激するでしょう。そしてその逆軍事競争がその方向に更に進む可能性があることを見る更に多くの眼を開くでしょうーその方向は道徳が要求するものであり、この惑星の居住可能性の為に必要なものであり、私達が生き残る為に追求しなければならないものです:すなわち、戦争制度の完全廃止です。

And if the United States had a democracy, rather than bombing people in the name of democracy, I wouldn’t have to convince anyone of anything. The U.S. public already favors military reductions and greater use of diplomacy. Such moves would stimulate a reverse arms race. And that reverse arms race would open more eyes to the possibility of advancing further in that direction — the direction of what is required by morality, what is necessary for the habitability of the planet, what we must pursue if we are to survive: the complete abolition of the institution of war.

もう一点:私が戦争は決して正当化されないと言う時、未来の戦争について私達が賛同できるなら、過去の戦争について私は喜んで「不賛成に賛成」もします。すなわち、もしあなたが、核兵器以前、合法的征服終了以前、殖民主義の一般終了以前、非暴力の威力理解の成長以前に、第二次大戦のような幾つかの戦争は正当化されるというなら、私は不賛成ですし何故かを充分にお話します。だが、私達は今やヒトラーが生きていず、私達の種(人種)が生き続ける為には戦争を廃絶しなければならないという、今までとは別の世界に生きているのだということに合意しましょう。

One more point: When I say that war can never be justified, I’m willing to agree to disagree about wars in the past if we can agree on wars in the future. That is, if you think that before nuclear weapons, before the end of legal conquest, before the general end of colonialism, and before the growth in understanding of the powers of nonviolence, some war like World War II was justified, I disagree, and I can tell you why at length, but let’s agree that we now live in a different world in which Hitler does not live and in which we must abolish war if our species is to continue.

勿論、あなたが時間を遡って第二次大戦まで旅をしたいなら、第一次大戦まで旅ができない訳がありません、その惨憺たる結論は物分り良い観察者に即座に第二次大戦を予言させたでしょう。1930年代の西欧のナチ・ドイツの支持まで遡れない訳がありませんね?私達は正直に合衆国が脅威を受けていないのにした戦争を、そしてそれについて合衆国大統領が支持を得る為に嘘を吐かねばならなかった戦争、ナチの収容所で殺されたその何倍もの人々が殺された戦争を見つめましょう。ヒトラーが追放を望んだユダヤ人達を西欧が受け入れることを拒んだ後に続いた戦争、日本の挑発で入った戦争、だが無垢の驚きではなかった戦争を。神話ではなく歴史を学びましょう、だが、歴史がそのまま進むよりも、善くやれるように選択が出来ることを認識しましょう。

Of course if you want to travel back in time to World War II, why not travel back to WWI, the disastrous conclusion of which had smart observers predicting WWII on the spot? Why not travel back to the West’s support for Nazi Germany in the 1930s? We can look honestly at a war in which the U.S. was not threatened, and about which the U.S. president had to lie to gain support, a war that killed several times the number of people in the war as were killed in the Nazis’ camps. A war that followed the West’s refusal to accept the Jews whom Hitler wanted to expel, a war that was entered through provocation of the Japanese, not innocent surprise. Let’s learn history instead of mythology, but let’s recognize that we can choose to do better than our history going forward.

ご支援をお願いします:

Help support DavidSwanson.orgWarIsACrime.org, and TalkNationRadio.org by clicking here: http://davidswanson.org/donate.

この電子メールを転送された方は以下のサイトからご参加ください:

If you were forwarded this email please sign up at https://actionnetwork.org/forms/activism-alerts-from-david-swanson.

Email Sign Up

Advertisements
Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close